テーマ:芝居

咲子お疲れ様!!

今日は、以前一緒に舞台に立った二木咲子の舞台を観に行ってきました。 「太陽の当たる場所」 (シアターサンモールにて) 「煙が目にしみる」の17年後の設定ということでまたもやお葬式の設定ですがこれまたオモシロい!!(^○^) 泣かせから笑わせまで一瞬で切り替わる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「本気の役者たち」 写真

先日の舞台の様子(ゲネ)の写真が入手できましたのでお載せいたします!今回の舞台おかげさまで好評でした。 本当に有難うございました。では一部、様子をご覧ください。                     「キッスはなんねぇっ!!」                    (あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観客の皆さんのおかげです!

先週末、舞台 『本気の役者たち』 が無事に楽日をむかえました! ご来場くださった方々、誠にありがとうございました。 今回、おかげさまでなかなか好評だったようでホッとしました。 舞台が終わって、一段落し、落ち着くと、(あぁ、終わったんだなぁ~)って実感がだんだんやってきています。 改めて皆さまのお気持ち、温…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

星に願いを~本日舞台初日~

子供のころ、流れ星を見た時に、星に向ってすぐに自分の夢を言うと夢が叶うと言われ、「流れ星が出てきてほしい!」と夜空を見上げたことがあります。 国立天文台が、オリオン座流星群が今年も活発で、ピークを迎える20~23日の夜の観測を呼び掛けています! 2006年以降、出現数が急増したオリオン座流星群・・・・・。 ハレー彗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルレッキーノ ~二人の主人を一度に持つと at世田谷パブリックシアター

観劇して感激!! 「アルレッキーノ 二人の主人を一度に持つと」!! 楽しみにしてたミラノピッコロ座の東京公演。1階のセンターでかぶりつきで観ました! 動きはこの喜劇にふさわしく大きく表現されていて、それでいて違和感なく安心して楽しめる。 何より、 役としても、役者としても、それぞれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「春琴」 観てきた!

サイモン・マクバーニー演出(谷崎潤一郎原作)の舞台「春琴」。絶品!! 本はもちろんいいのだが、さらに創りが・・・こんな演出があるのか!?と目が釘付けだった。 映画も見たが、それとはまた違った満足感を存分に味わえる。 舞台ならではの演出と緊張感、蝋燭の明かり(闇)の効果、生の音、息遣い・・・たまらなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文学座 「グレンギャリー・グレンロス」 観てきた!!

これ、ホントおもしろい!!二時間くらいの芝居で途中15分休憩を挟むものの、一度もダレることなく早く次、次、と最後まで見たくて見たくてしょうがなかった。 二時間、「あっ」という間。 とにかく、台詞の量が半端ない!しゃべってしゃべって喋り捲る!! 芝居を細かく観察していると違和感のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スタニスラフスキーシステムは日本に根付くか!?」

さて、先程の終演後、そのままスタニスラフスキーについてのシンポジウムが開かれました。 テーマは、 「スタニスラフスキーシステムは日本に根付くか!?」 今回の演出の守輪咲良と、演劇やスタニスラフスキーに精通した先生方がパネラーとなり、話は進行していきました。 そのいろんな先生方の経験談を多々聞かせていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞台、無事終わりました~。

2/22(日)、舞台が無事終わりました。(^O^)=3 観にきてくださった皆様、本当に有難うございました! (^-^)m(_ _)m 今回のW.Sのねらいは、シンプルに、「自分を通してそこに存在する」という事。 このマリヴォーの作品に、まだまだ到らない僕らが挑戦するにあたり、短期間で出来ることが限られてるいうこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2/22(日) 舞台「本気の役者たち」やります!

いやはや、日々、マリヴォーの台本と格闘しております!! この、「本気の役者たち」とは、マリヴォー最晩年に書かれた一幕劇。 <二組の恋人同士を組み替える事で嫉妬をおこすコメディーという即興劇>を思いついたメルランは、さらに役者たちに地で演じるように演出し、大混乱を引き起こす。 舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞台は夢~イリュージョンコミック~ 観てきた!

新国立劇場(中劇場)にて。  フランス古典劇の巨星ピエール・コルネイユ(1606~1684)の喜劇。 (鵜山仁 演出) 劇中劇を巧みに利用した、”舞台ならでは”の趣向が楽しめる傑作。 古典喜劇にふさわしく、大きな喜怒哀楽を表現するために、役者が声と肉体を駆使して所狭しと繰り広げられた「夢」だった!! 中劇場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文学座 『 口紅 ~rouge~ 』 観てきた!

渡辺徹さんの要望で、東京セレソンDXのサタケミキオさんが文学座に書き下ろした作品。 気になっていたので、本日の楽日で見てきた。 銭湯を舞台にした、笑いあり涙ありの舞台。 2時間があっという間だった。 渡辺徹さんの存在感は「さすが」って感じでした。オーラがありましたね。 (身体がデカイからってだけではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芝居「おちの後で」!

ハマキヨプレゼンツ「おちの後で」観てきた!(^0^)/  新宿シアターブラッツにて。 友達の清河寛さんが主宰してる劇団で、今回で9回目の公演。 落語のお芝居で、客演の方々のキャラも濃い~し(笑)、 ノリ、テンポ・リズムが良くて大笑いできた!(^0^)=3 実際の落語も見てみたいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞台初日

舞台「愛と偶然の戯れ」本番でした!! 両国の「シアターカイ」にて。 今回は、演出助手をやらせていただいてます。 召使役でちょっとだけ出演もしていますよ。 とにかく、すごくいい勉強、経験になりました! 本番後、客観的に観てくれた方々の屈託のない意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「相手を感じる」  (10/1 エクササイズ)

今日はリラックスなしで、いきなりの「プライベートモーメント」。 僕は身体をほぐして稽古に臨んいたので、そんなに違和感なく入っていけた。 ある程度、リラックスできていないともっと力が入っていたと思う。 で、 今日は、何もせずに「そこに居る」ということに重点を置いていた。 何もせず「そこに居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「役として(続き)」  (9/29シーンワーク)

引き続き、「おかしな二人」(第3幕)に取り組む。 (ダメだし) ①「空気が重~い!!!!」      ↓ 感覚に集中するあまり、19時という状況のテンポリズムもなければ、役としても居られていない。 シーンワークでは、エクササイズと違うんだから、スタートから役の環境にポーンと飛び込んでとにかくそこに居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミセス・サヴェッジ」

文学座アトリエ公演の「ミセス・サヴェッジ」観てきた。 ジョン・パトリックの1950年の作品。 伏線の張り巡らされたウェルメイドプレイ!! 翻訳劇で最初はとっつきにくかったが、ピリッと効いたせりふがテンポの良さと相まっておもしろかった。 特に、 吉野さん、藤堂さん、山崎さん、よかったで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「五感」+「スピークアウト」から役に入る (9/1 シーンワーク)

月曜は、引き続き、「おかしな二人」(第3幕)のシーンワークに取り組んだ。 (ダメ出し) 具体的に、細かく、芝居世界に入っていく作業ができていない! 今日は、焦ってしまった。 じっくり、もっと時間をかけて、具体的に役のところに行く作業をするべきだった。 その「作業」とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンギンプルペイルパイルズ

「ペンギンプルペイルパイルズ」の舞台を観てきました!! 面白かった! 今回の公演のゲスト出演で、同じ事務所の安藤聖さんが出演しておりまして、元気ハツラツに演じていました。 同じくゲストで、以前から見てみたいと思っていた片桐仁さんも出演していたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「音女」撮影 (2日目)

先日7日に続いて、音女の撮影(2日目)~!! 今日は、合コンの乾杯のシーン。「かんぱ~い!!」 撮影自体は、あっという間に終わってもーたけど、、、 やっぱり現場は楽しくていい~!(^0^)/ と、思うと同時に・・・演技についての反省点も多々あるな。σ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/25 エクササイズ

呼吸を深く入れるエクササイズからスタート。 足を組み、息を入れ、身体をひねり、処々の注意点を意識し取り組む。 尾骶骨の後ろをスッと上げるような感じで息を入れ呼吸する。一通り終えると、実際かなり深く呼吸できている 実感がある。最初はかなりつらいが続ければ大分息が入りそうなイメージが持てた。しばらくは自主練に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/23 シーンワーク

今の題材はニールサイモンの「おかしなふたり(第3幕)」 相手と向かい合って椅子に座った状態で「読み」(4回目)をやる。 結果) ここでは「機嫌が悪い」シーンだろうと思い、そういう固定概念の中で、しゃべる感じを決め付けて始めてしまう。 結果、身体が固まり、全く動かせてない。声も暗くて中に落ちてしまってる。 椅子に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more